ストレッチポールでの体幹トレーニングに2週間取り組んだ結果……

チームサッカニー5期ユニフォーム チームサッカニー
PR

チームサッカニー5期で使用するシューズ、ウェアなどをもらいました。2018-2019シーズンのマラソン大会はこの格好で走ります。

見つけたらぜひ応援してください!(´▽`)ノ

チームサッカニー5期の練習会の初日、メンバーにはストレッチポールを使った体幹トレーニングの宿題が課せられました。

練習会ではまったくできない状態を確認。新田コーチからは「2週間やればできるようになる」との言葉をいただき練習開始。

果たして2週間で課題はクリアできたのか……

チームサッカニー練習会初日に出された課題

チームサッカニー練習会の初日にメンバーに課せられた宿題は以下の内容。

  1. ストレッチポールに寝て両脚を伸ばし、気をつけの姿勢から左右の手を交互に頭の上まで上げる。これを10回。
  2. 1の姿勢から右足を上げて、膝を90度曲げ、その状態で左右の手を交互に10回上げる。できたら、上げる脚を変えて10回。
  3. ストレッチポールに寝て膝を90度にして着いた姿勢からつま先を立て、両腕を胸の前で交差させた状態から腹筋10回(女性は5回)
  4. 1~3ができたら、目をつぶった状態で再び1~3を行う。

新田コーチからの「2週間毎日やれば誰でもできるようになる」という言葉を信じて取り組みます。

課題への取り組み

課題は夜寝る前、1セットずつ行うようにしました。

朝はまだ神経も眠っているので、上手くできないそう。その分、朝起きてすぐやってもできるようであれば、体幹が鍛えられている、ということもいえます。

ストレッチポールを使った体幹トレーニングの経過

1日目:まったく脚が上げられない……

練習会から帰ってきて、夜寝る前に再チャレンジ。

両脚をついた状態での腕の上げ下げはできるものの、やはり脚を上げると、すぐにストレッチポールから転げ落ちてしまう。

3日目:右脚は上げられるようになってきた

右脚を上げての腕の上げ下げはできるようになってきた。しかし、左脚はまだすぐに落ちてしまう。私の利き足が右脚で、軸足が左脚であることも関係しているかもしれない。

右脚はできて左脚はできない、ということは左右のバランスがわるい、ということもいえるので、両脚ともできるようになる必要がある。

5日目:左脚も上げられるようになってきた

右脚を上げて腕の上げ下げはだいぶスムーズにできるようになってきた。左脚側も少しずつできるようになってきている。たが、床に着けている脚で踏ん張っている状態。

腹筋は相変わらずなかなか上がらない。

7日目:“コアを意識すること”で変わった

右脚を上げて腕の上げ下げはほぼできるようになった。左脚側がまだスムーズに行かず、脚で踏ん張っている状態。

この日、練習会の時に上手くできていたメンバーの言葉を思い出す。“コアを意識すること”と言っていた。コアというのはおなか、おへその下辺りか。

意識してみた途端、急激に変わった。これまで以上に右脚側がスムーズにできるようになった。左脚側も脚で踏ん張ることなく、腕の上げ下げができるようになった。

7日目にして初めて、脚を上げて腕の上げ下げ10回が両脚とも途中で落ちずにできた。

10日目:腕の上げ下げはスムーズに。腹筋もできるようになってきた

“コアを意識する”ということを始めてから、格段に脚を上げて腕の上げ下げはできるようになった。まだふらつくことはあるが、初日まったくできなかったことを思い出すと、たった10日で凄い進歩だ。

腹筋も上がるようになってきた。連続10回はまだできないが、途切れ途切れながらも10回をこなせるようになった。

14日目:目をつぶっても腕の上げ下げはできるようになった

ストレッチポールでの体幹トレーニングを始めて2週間。腕の上げ下げは両脚ともできるようになった。また、目をつぶった状態でもあまりふらつくことなくできるようになった。

新田コーチの言葉通り「2週間でできるようになる」ことが実現できた。

腹筋はまだスムーズに連続10回を達成できていないが、このまま続けていれば必ずできるようになる確信が持てています。

まだ、ランナーとしての身体作りの第一歩にすぎませんが、しっかり課題をこなしていくことで、記録やパフォーマンスも大きく成長できる期待が高まっています。

本当に寝る前の5分。たった2週間でできるようになりました。体幹トレーニングの一歩目として、ぜひ今日から取り組んでみてください。