第67回別府大分毎日マラソン大会 結果 園田隼選手がMGC出場権獲得

マラソン大会レポート
PR

画像:第67回別府大分毎日マラソン

2018年2月4日(日)に大分県別府市で第67回別府大分毎日マラソンが開催。

南アフリカのデスモンド・モクゴブ選手が2時間9分31秒で優勝。2位は園田隼選手(黒崎播磨)が2時間9分34秒、3位は大塚祥平選手(九電工)が2時間10分12秒。

園田隼選手はMGCへの出場権を獲得しました。

今大会のMGC出場権獲得ラインは1位は2時間11分以内、2位から6位の場合は2時間10分以内に設定されました。

レースは30km地点でペースメーカーが離れてから園田隼選手がスパート。その後をモクゴブ選手が追う展開に。35km付近でモクゴブ選手が園田選手に追いつき2人のマッチレースへ。

競技場に入ってからモクゴブ選手が園田選手を突き放し、2時間9分31秒でフィニッシュ。3秒差で2時間9分34秒でフィニッシュし、MGC出場権を獲得。3位には追い上げた大塚祥平選手が2時間10分12秒で入りました。