第42回千葉マリンマラソン 参加レポート


2018年1月21日(日)に千葉県千葉市の海浜幕張公園にて開催された第42回サンスポ千葉マリンマラソンに参加してきました。

例年、強い浜風に悩まされるレースですが、今回はほぼ風もなく、天気も晴れて走りやすい大会となりました。

千葉マリンマラソンについて

千葉マリンマラソンは千葉マリンスタジアム前スタートし、幕張の海岸沿いを走り、稲毛海岸公園内を通って、千葉マリンスタジアム内ゴールというコース。

2018年はスタジアムが改修中だったので、幕張海浜公園内がゴールとなりました。

スタートして2km地点と折り返して19km地点の美浜大橋以外はほぼ平坦なコース。しかし、浜風が異常に強く、ランナーを苦しめます。

都心から近いので参加しやすいこともあり、約15,000人が参加する大規模大会です。

なお、例年1月第3日曜日に開催されてきましたが、次回の第43回から12月第1日曜日に開催日が変更になるとの発表もありました。参加を検討される方は開催スケジュールを確認してください。

第42回千葉マリンマラソン レース内容

ハーフマラソンの部は9:50にスタート。今回、レイトエントリーでの参加のため、ほぼ最後尾からのスタートとなりました。

この千葉マリンマラソンはゲストのQちゃんこと高橋尚子さんと一緒に走ることができるのも名物。高橋さんはスタート地点で参加者全員を見送った後、最後尾から参加者と触れ合いながら走ってくれます。

今回、最後尾からのスタートということもあって、スタートしてすぐに高橋さんとハイタッチすることができました。

この日は雲ひとつない快晴。しかも風もなく、むしろ暑く感じるくらい。風対策も兼ねて長袖で走りましたが、半袖でも良かったです。

道幅はあまり広くなく、最後尾からのスタートなので大混雑。あまりペースを上げられず、3kmすぎから徐々にペースアップ。5分を切るペースで進んでいきます。

7km地点の給水所で少し水を含む。参加者の数に対して給水所のテーブルやゴミ箱が少ない印象。折り返して12km地点の給水所はテーブル4つでしたが混雑で取り損ねました。

稲毛海浜公園内を走り16km地点で最後の給水。ここは道幅も広く左右に分かれているので比較的取りやすいです。

最後の難所は19km地点の美浜大橋。あまり高くない橋で、スタート直後は何てことなく渡ったはずの橋が、フィニッシュ手前になるととても高く感じます。その分、登り切った時に見える海の景色は爽快です。

美浜大橋を渡りきったら残り2km。沿道の応援も多くなり気持ちよく走れます。

いつもは千葉マリンスタジアム内がフィニッシュ地点ですが、今回は海浜幕張公園内でフィニッシュ。手元の時計で1:46:43でした。

私は無事にゴールできたのですが、一緒に参加した友人は制限時間内にゴールしたにも関わらず、フィニッシュゲートが撤去されており完走扱いにならず。

サンケイスポーツという大きな企業が協賛しており、公認大会でもある大会としてあってはならないことではないでしょうか。

千葉マリンマラソンは以前に距離が不足していたことがあったり、記録証の受け渡しに何十分もかかったりなど、運営面での不備が多く、以前より参加者の不満も多いです。

今回、制限時間内なのにフィニッシュゲートが撤去されていた他に、スタート前の荷物預かりに大行列ができ、多くの人がスタートに間に合わなかった、ということも起こりました。

せっかく良いロケーションで、15000人もの人が参加する大会。運営面を改善して欲しい所ですが、40回を超える大会で不満が続いているため、あまり期待はできないかもしれません。

次回以降、参加される方は、トイレが少ない、給水所が少ない、スタート前やフィニッシュ後の銅線が不便、などを頭に入れ、あまり期待せずに参加されると良いかもしれません。

レース自体は(風がなければ)走りやすく楽しい大会でした。


あわせて読みたい