マラソン後のケアは銭湯で「交代浴」がオススメ


マラソン後のケアは銭湯で「交代浴」

マラソンシーズンが本格化し、毎週各地でマラソン大会が行われています。
フィニッシュした時は達成感と爽快感で一杯。 すぐに祝杯を上げて、余韻に浸りたい方も多いと思いますが、ちょっとお待ちを。

マラソンはレースが終わった後のケアが大事。学校の先生に「家に帰るまでが遠足」と習ったように、マラソンもレース後のケアをしっかりと行い、翌日以降にダメージを残さないようにすることが大切です。

マラソン後のケアとしてオススメするのが、銭湯に行って「交代浴」をすることです。

交代浴はスポーツ研究の論文でも効果が示されており、多くのプロスポーツ選手が行っており、マラソンの実業団チームにも取り入れられているケア方法です。

銭湯で身体を洗った後、まず温かいお湯に3分ほど浸かり、次に水風呂に30秒ほど浸かります。その後、温かいお湯に2~3分と水風呂30秒を3回ほど繰り返します。

交代浴の効果として、水風呂に浸かることで脚へのダメージを抑えることができます。また、血流効果により体内の疲労物質が流れやすくなり、疲れが取れるスピードが速くなります。

私も毎回やっていて、 フルマラソンを完走した翌日でも足を引きずるほどのダメージを残してしまうことがほぼなくなりました。

ただし、ねんざなどのひどい炎症を起こしている場合はNGです。アイシングなどでしっかりと炎症の広がりを防ぎましょう。

また、交代浴は温かいお湯と冷たい水に交互に浸かることから、身体への負担も大きいです。行う時は心臓から遠い場所から慣らしてゆきます。心臓などに疾患のある方や、お酒を飲んだ後は避けましょう。
マラソン完走の達成感を味わった後に、温泉・銭湯で交代浴を行い爽快感を味わい、翌日以降のダメージも残さない。長くマラソンを続けるためにも、ぜひ試してみてください。


あわせて読みたい