LSD ランの底力 ─ゆっくり長く走るだけで楽に走る力がアップ


Tarzan LSDランの底力

「ランニングを始めようと思うけど、大変そうで続けられるか心配……」

「ある程度走る力は付いたけど、長い距離を走る自信がない……」
「マラソンを走りきるために、スタミナをもっと効果的にアップさせたい」

このような方におすすめなのが、「LSD」というトレーニングです。運動に自信が無い人でも始めやすく、ケガの心配も無く、飛躍的に持久力を高められるトレーニングである「LSD」。

雑誌『Tarzan』の特集『LSDの底力』にて取り上げられています。

Tarzan LSDの底力

LSDとは “Long Slow Distance” の略で、「長い距離をゆっくりとした一定のペースで走るトレーニング」のことです。身体への負担を抑えつつ、心肺機能、有酸素運動の効果を高めることができます。
LSD トレーニングで走る速さの目安は「会話しながら走れる程度」。1km を約7~8分の速さで走ります。走る力がついている人にとっては、かなりゆっくりとした速さに感じられることでしょう。

ランニングを始められたばかりの人でも「こんなにゆっくり走っても効果あるの?」と思われます。実際に走り終えた後のキツさや筋肉の痛みは少なく、それでいてスタミナはしっかりつけられる効果の高いトレーニングです。
最終的には、1km を約7~8分のペースで、約2時間ほど走ります。距離にして15~20kmを走ることになります。制限時間3時間のハーフマラソンなら時間内にフィニッシュできます。

Tarzanでは、痩せるためにこれからランニングを始めたい方、トレーニングに LSD を取り入れたい方向けに、LSD の基礎から解説しています。

どうして LSD は効果があるのか、なぜゆっくり走って痩せられるのか、LSD のトレーニングメニューはどう組み立てれば良いか。すでに LSD を取り入れている中級ランナーの方も、改めて解説を読むことでさらにトレーニングの効果が裏付けられ、納得してトレーニングに励むことができます。

これから本格的にマラソン大会シーズンが始まります。LSD は本番前の身体に負担をかけすぎず、持久力を高めるためにももってこいのトレーニングです。

ぜひ Tarzan を読んで LSD をトレーニングに取り入れて、本番のマラソン大会でベストを目指しましょう。


あわせて読みたい