書籍『金哲彦のランニング・メソッド』 ―正しいカラダの使い方から学べるランニング入門書


「マラソン大会に向けて走り始めたけど、どう走ったらいいかわからない」
「ランニングを続ける上で、正しい走り方を身につけたい」

そう思われている方は多いと思います。私もランニングを始めた頃は何もわからなかったので、インターネットや本で正しい走り方を学ぶことから始めました。

その中で、ランニングの入門書として最も良いと思った、金哲彦さんの書籍『金哲彦のランニング・メソッド』をご紹介します。

金哲彦さんはNHK-BSのマラソン・ランニング番組『ラン×スマ』に出演されている陸上競技・駅伝解説者で、わかりやすい入門書の数々は多くのランナーから高い評価を集めています。

この本では、まず最初にランニングに必要な機能として「カラダのバランス」、「心肺機能」、「筋肉」を取り上げ、これらの機能を目覚めさせるための「カラダの使い方」から始まります。私も実際にカラダの使い方について確認してみた所、上手く使えていないことがわかり驚きました。

その後、以下のような正しい走りを身につけるための内容が解説されています。

  • 簡単ですぐに効く、眠った身体を起こす運動
  • 走りがグンと楽になる意識すべき3つの部位
  • まっすぐ立つ・きれいに歩く・きれいに走る
  • 長く、ラクに走るための起承転結
  • 目的別のランニングメニュー
  • ケガや痛みの原因と対処法
  • 身体を強くするランナーの食生活

カラダの使い方、立ち方、歩き方に始まり、実際の走り方やフォーム、トレーニングの解説、ケガへの対処法、おすすめの食事メニューまで、ランニングに関することがカラーでわかりやすく解説されています。

まずはこれ1冊をしっかりと読み、素直に実践することで、短期間で走る力を高めることができます。私も実際にこの本のとおりにトレーニングを始めたことで、ケガすることなくランニングを習慣化させ、走ることが楽しく感じるようになりました。

2006年に出版された本ですが、10年以上たった今でも、多くの人のランニング入門書として読まれています。これからランニングを始められる方は、特に高い効果を偉えると思います。ぜひ読んで、ランニングに活かしてください。

金哲彦のランニング・メソッド

金哲彦のランニング・メソッド