プロに教わった失敗しないランニングシューズの選び方


MabelAmber / Pixabay

マラソン・ランニングにおいて、最も重要なのが「ランニングシューズ」。足を守り、ケガを防いでくれるのはもちろん、気持ち良く走ったり、より速く走るのを助けてくれる機能もあります。

正しいランニングシューズ選び方を知っておかないと、自分の足に合わないランニングシューズを選んでしまい、走りにくかったり、ケガをしてしまって、せっかくのランニングを台無しにしてしまいます。

私もランニングを始める時は、マラソンの走り方の本を読んだり、スポーツ用品店やメーカー直営店でプロの意見を聞いたりして、慎重に選びました。

今回、ランニングのプロ達から教わった、失敗しないランニングシューズの選び方をご紹介します。

ランニングシューズの特徴

これからマラソンやランニングを始められる方の中には、「ただ走るだけならスニーカーでも良いんじゃないの?」と思われている方もいるかもしれません。実はランニングシューズとスニーカーには大きな違いがあります。

ランニングシューズの特徴は大きく次の3つです。

  1. 靴底(ソール)のクッション性に優れており、脚を守ってくれる
  2. 通気性が良く、汗ムレを防いでくれる
  3. 速く走るためのサポート機能が備わっている

私たちが走る時、脚には体重の約3倍もの衝撃が加えられるとされています。ランニングシューズの靴底(ソール)は、脚にかかる負担を少しでも軽くするように開発されています。

また、私たちは運動して体を動かすと汗をかきます。足も汗をかきますので、蒸れる原因になったり、衛生面でも良くありません。ランニングシューズは常に快適に走れるように通気性も考慮されています。

そして、ランニングシューズは、私たちがより速く走れるようになる機能を備えています。ランニングシューズ自体を軽くしたり、着地した時の力を身体を前に進ませる力に変えたり、する機能などがあります。

つまり、ランニングシューズは「走るために適したシューズ」ということです。

失敗しないランニングシューズの選ぶ3つのポイント

では、私がプロに教わった、失敗しないためのランニングシューズを選ぶ時の3つのポイントをご紹介します。

  1. 自分の足のサイズを正確に測り、フィットするランニングシューズを選ぶ
  2. ケガしにくく、走る力をつけるなら底が薄いランニングシューズを選ぶ
  3. 走るのが楽しくなる、気持ち良くなれるランニングシューズを選ぶ

「足型測定」で自分の正確な足のサイズを知ろう

ランニングシューズの選び方で最も大切なことは「自分の足のサイズを正確に測って知ること」です。

靴のサイズは主に足の縦幅の長さをもとに選ぶことが多いと思います。足のサイズは縦幅だけでなく、横幅、甲の高さ、指の長さなど他にも多くあります。

足の縦幅はちょうど良いのに、横幅が狭くて履きづらいので、しかたなくワンサイズ大きめの物を買う、という経験をした方もいるのではないでしょうか。実際、私も足の横幅が広めなので気に入ったデザインの靴でワンサイズ大きめの物を買ったことがあります。

 
正確な足のサイズを測定するには、スポーツ用品店やメーカー直営店で行われている「足型測定」がおすすめです。

専用の測定器で足の縦幅や横幅、甲の高さなど、10分程度で測定することができます。測定結果をもとに、自分に合ったランニングシューズをプロの店員と相談できるのも大きなメリットです。

私は「アシックスストア」の足型測定サービスで測ってもらいました。測定の結果、フィットするサイズから 2cm も大きな靴を履いていたことがわかり、衝撃を受けました。

自分の足がエジプト型・ギリシャ型・スクエア型のどれかを知る

足型測定などで自分の足の正確なサイズを知って、ランニングシューズを選ぶことになります。そこでもう一つ知っておきたいのが、自分の足の型は何型か、ということです。大きく「エジプト型」・「ギリシャ型」・「スクエア型」の3つに分けられます。

「エジプト型」は親指が最も長く、小指に向かって傾斜しているタイプです。3つのタイプの中で最も日本人に多いタイプの足の型です。エジプト型の場合、親指のつま先がシューズに当たりやすくなります。つま先がシューズに当たると爪を痛め、爪が剥がれることもあります。ランニングシューズを選ぶ時は、親指の所に余裕があるか確認する必要があります。

「ギリシャ型」は足の人差し指が最も長く、親指よりも人差し指が飛び出ているタイプです。日本人の約2割がこのタイプです。ギリシャ型は比較的どのランニングシューズでもフィットしやすいとされています。試し履きでキチンと縦幅、横幅などをあわせてフィットするものを選びましょう。

「スクエア型」は親指の長さと人差し指の長さが同じくらいで、足の指の長さが比較的横一直線に揃っているタイプです。日本人の約1割がこのタイプです。スクエア型の足の場合、つま先部分が細いランニングシューズを履くと、小指が横方向に圧迫されやすくなります。ランニングシューズを選ぶ時は、横幅を特に確認して選ぶと良いでしょう。

正しい走り方を身につけるため最初から「底が薄い」ランニングシューズを選ぶ

「初心者は靴底(ソール)の厚いものを選びましょう」ということがランニングの入門書に書かれていたり、店員さんからのアドバイスとして受けることがあります。

その理由として、「ランニング初心者は走る力や筋力がないため、底が薄いとケガしやすいため」と言われますが、しかし、実際は逆なのです。

マラソンやランニングでケガをしてしまう人の多くは、走り方に原因があります。その走り方とは「かかと着地」。かかとから着地して走ってしまうことで、脚全体に強い衝撃がかかり、痛めやすいのです。

かかとをハンマーで殴られるシーンをイメージしてみてください。かかと着地による走り方は、その時の痛みや衝撃が走るたびに与えられるのです。靴底の厚いランニングシューズを選ぶと、クッションが効いている分、かかとから着地をする割合が高まってしまいます。その結果、ケガをしやすくなる、ということにつながります。

ケガをしにくく、速く走るための正しい走り方は足の真ん中からやや前で着地する「フォアフット」、「ミドルフット」です。たまに「つま先着地」という呼び方もあり、バレエの立ち方のように本当につま先で着地する、と想像される方もいますが、そうではありません。あくまで、足の裏の真ん中から前目での着地です。

どのような走り方になるか体感するには、裸足で走るのが一番わかります。裸足でかかとから着地して走ろうとすると、痛くてまったく走れません。足の裏の真ん中から前目で着地をすると上手く走れると思います。性能の良い靴なんてなかった大昔の人たちが、ケガをせずに長く走るには、かかとから着地をしていなかったということが実感できると思います。

人間の身体に適した正しい走り方であるフォアフット、ミドルフットを身につけるため、最初から底が薄いランニングシューズを選ぶことをおすすめします。ちなみに私はマラソン大会を走る時は、アシックスの「スカイセンサー」を使っています。

ランニングが楽しくなる自分に合ったランニングシューズのメーカーを選ぶ

失敗しないためのランニングシューズの選ぶポイントは、まず自分の正確な足のサイズを知ること。そして、正しい走り方を身につけてケガをしにくくするために底の薄めの物で、自分の足にフィットするものを選ぶこと。何よりも「履き心地」が最も重要です。

ただ、「履き心地はデザインや色が……」と思われることもあるでしょう。長く楽しくマラソン・ランニングを続けるためには、デザインや色も好きなものを選びたいもの。そこで重要なのは、いろんなメーカーのランニングシューズを試して、自分にフィットするものを選ぶ、ということです。

特にランニングシューズの開発に力を入れているメーカーはラインナップも豊富。機能やフィット感を高めるのはもちろん、デザインやカラーバリエーションも多いので、自分に合ったランニングシューズが見つけやすくなります。

ランニングシューズのメーカーには以下のような所があります。

  • アシックス(ASICS)
  • ミズノ(MIZUNO)
  • ナイキ(NIKE)
  • ニューバランス(NEW BALANCE)
  • ビブラム(Vibram)

アシックス(ASICS)

日本人の足型について徹底的に研究を重ね、日本人の足に合ったランニングシューズ開発を行い続けるメーカー。ランナーからの評価が高いメーカーです。クッション性とフィット感の高さには定評があり、ラインナップも非常に豊富です。先に書いたとおり、私もアシックスのランニングシューズを使用しています。


アシックス「スカイセンサーグライド」

ミズノ(MIZUNO)

日本のスポーツ用品メーカーとして高い評価を得ているミズノ(MIZUNO)。ランニングシューズにおいても多くのランナーに愛用されています。高いクッション性と通気性の良さが特に高い評価を得ています。


ミズノ WAVE EMPEROR

ナイキ(NIKE)

世界的なスポーツ用品メーカーとして若い人を中心に人気があるナイキ(NIKE)。ランニングシューズのラインナップも豊富で、ランニング専用のアプリを愛用する人も多くいます。

高い機能性を持っているのが特徴ですが、欧米人向けの開発を行っていることから、日本人にとってはやや横幅が狭いことがあります。ナイキのランニングシューズを選ぶ時は横幅の確認が特に必要です。


ナイキ(NIKE) FREE RN FLYKNIT MS フリーラン フライニットMS

ニューバランス(NEW BALANCE)

アメリカのスポーツ用品メーカーですが、日本人向けのランニングシューズ開発を行っており、高い評価を得ております。形状や機能性の高さ、そしてデザイン性の高さが特徴です。


[ニューバランス] new balance ランニングシューズ M1500

ビブラム(Vibram)

ビブラムはイタリアに本拠地を置くメーカー。もともとは作業靴として作られていましたが、世界的なランニングブームを起こした書籍「BORN TO RUN」に登場するベアフット・テッドが愛用しているということから人気に火がついたブランド。靴底の厚さはほぼないに等しいものの、その分、正しい走り方と走る力が短期間で身につきます。

ちなみに私もトレーニングの時のランニングシューズとしてビブラムを履いています。


vibram five fingers ビブラム ファイブフィンガーズ V-Run ブイラン

 

マラソン・ランニングを長く、楽しく続けるためには、正しいランニングシューズの選び方を知って、自分にフィットするランニングシューズを選ぶこと。ぜひ、あなたにビッタリのランニングシューズを見つけて、楽しんでいきましょう。

  1. 「足型計測」をして正確な足のサイズを知り、自分の足にフィットするランニングシューズを選ぶこと
  2. 正しい走り方を身に着け、ケガを防ぐため、底の薄いランニングシューズを選ぶと良い
  3. いろんなメーカーのランニングシューズを試し履きして楽しくなるランニングシューズを選ぼう

あわせて読みたい